歯の黄ばみが気になり、口を開けて笑ったりすることが気になるというお悩みはありませんか?生活習慣や、年齢によって、歯の色は変化していきます。

加齢

年齢を重ねると歯の色は黄ばんで見えるようになります。天然の歯は白いだけでなく、歯の表面のエナメル質が半透明なので、透明感があります。しかし、加齢により、この歯の表面のエナメル質が磨耗して薄くなってしまうので、その下層の象牙質が透けて見えてきます。象牙質は、もともと黄味を帯びていますので、年齢とともに歯が黄ばんで見えてしまいます。

生活習慣による汚れ

食事や喫煙によるステイン(着色汚れ)も歯が黄ばんで見える原因になります。炭酸飲料やコーヒーに含まれるポリフェノール、お茶などに含まれるカテキンやタンニンがステインの原因ともなります。食事をしたらすぐ歯を磨く、歯科医院で定期的にクリーニングを行う、または、ホワイトニングを行うことで、歯の着色の予防、改善に繋がります。

さいわいデンタルクリニック 歯の黄ばみ 生活習慣による汚れ

歯を白く美しくする「ホワイトニング」治療を行なっています。

歯科医院ならではの、効果の出るホワイトニング治療を取り扱いしております。随時相談を受け付けておりますので、些細なお悩みからでもお気軽にご相談ください。

歯の着色のお悩みはホワイトニングを

医療法人miraiさいわいデンタルクリニック